ジャン・コクトーが愛した花の町@南仏イエール

1年を通して花のあふれる町イエール

花の町ラベル・最高ランク4を長期維持中の花の町です。

フランス文化省指定【注目すべき庭】がイエールに4つあります。 

フランス最大の花器市場はイエールにあります。

1年を通じ温暖な気候が、この南仏イエールを花の町にしています。冬のミモザに始まり、桜に似たアーモンドの花、3月の藤、アメリカンデージーやマツバギク。そして5月中旬以降には華やかなブーゲンビリアがイエール旧市街とイエール諸島のひとつポルクロル島でたくさん見られます。

ブーゲンビリアの町・南仏イエール

南フランス・イエールはブーゲンビリアの町です。ブーゲンビリアの季節は5月中旬から秋頃まで。

パリ・シャルルドゴール空港からエールフランス航空の飛行機で直航便で乗り換えなし、1時間20分で来ることができます。

石畳で中世の佇まいイエール旧市街と国立海洋公園ポルクロル島でたくさん咲いています。

花はカラフルで紫、ピンク、オレンジ、赤などです。ブーゲンビリアの季節は5月中旬から。

 

*花の町ラベル(VILLE FLEURIS)・最高ランク4つ*を長期維持中の花の町イエールでは、1年を通して温暖で四季折々の花をお楽しみいただけます。冬の黄色い花ミモザに始まり、桜に似たアーモンドの花、3月の藤、アメリカンデージーやマツバギク。そして5月中旬以降には華やかなブーゲンビリアや夾竹桃(フランス語でローリエローズ)がイエール旧市街とイエール諸島のひとつポルクロル島でたくさん咲いています。

 

*花の村全国評議会(Conseil national des villes et villages fleuris) は1901 年法の非営利社団(association)です。2万からなる会員となっている町や村が緑や花で飾り、観光地としての美しい景観を保つことを促進し、それを星(花)評価しています。

 

またイエールの町にはフランス文化省指定の【注目すべき庭】が4つあります。

なんとフランスで一番大きい切花の卸売市場があるのもイエールです。 


南仏イエール・ブーゲンビリアが見れるスポットご紹介

中世の佇まい・石畳の旧市街(イエールセンター、観光局周辺)

南仏の楽園・ポルクロル島

【アクセス】 

パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

 

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf

 

最寄り空港はトウーロン・イエール空港(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

 

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres 

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres