黄金の島々そして楽園 ・ イエール諸島 ( Iles d'HYERES )

イエールの海岸線は黄金の島々とも呼ばれるイエール諸島の三つの島《ポルクロル島、ポルクロ島、ルヴォン島》に向いてひらけています。

国立海洋公園に加わった ポルクロル島 PORQUEROLLES

《The New York Times》が選ぶ2017年度【必見ベストデスティネーション】に選ばれました!

ポルクロル島は東西7km、南北3kmのイエール諸島の三つの島で一番大きく一番近くにある島です。島の自然保護のために車は乗り入れ禁止です。島には54kmの整備された歩行者と自転車のための遊歩道があり色んなテーマの散歩やサイクリングが楽しめます。

 

季節ごとに違った景色やアクティビティーが楽しめ、シーカヤック、サイクリング、シュノーケリング、ダイビング、スタンダップパドル、きのこ狩り、植物鑑賞、散策、また南と北ではまったく雰囲気の違う岸壁やビーチがたくさんあるので、どちらも訪れる価値ありです。

 

白い砂のビーチや透明度の高いエメラルドグリーンの海、遺跡となっている要塞、灯台、復元された風車。

足を踏み入れると今まで島が見てきた歴史を感じられる場所もたくさんあります。

 

島の北部はイエールとの内海に面しているため穏やかで白いビーチの砂浜がいくつもあります。

南側はカロンクと呼ばれるエメラルドグリーンの入り江、岩の渓谷と呼ばれるスポットなどがあり、それぞれに魅力的です。

 

北東にあるノートルダムビーチは特に美しく必見です。2015年にはヨーロッパで一番美しいビーチに選ばれました。

 

7月、8月はヨーロッパ夏の観光シーズンで大変な混雑が予想されますので、ゆっくりと自然を楽しみたい方にはこの二ヶ月を避けた時期が観光にお勧めです。海で泳げるのは5月中ごろから10月始め頃までです。[寒がりの方は6月から9月まつまで]


ポルクロル島へのアクセス

ジアン半島の南にあるTOUR FONDUE[トゥールフォンドュ]からフェリーで20分。

 

イエールセンターまたはイエール駅前から67番のバスでフェリー乗り場まで行けます。

 

写真はトゥールフォンデュ、フェリー乗り場の前にある要塞です。

フェリー時刻表 http://www.tlv-tvm.com/horaires-tarifs-horaires-2/

 

バス67番フェリー乗り場TOUR FONDUE行き路線図はこちら

http://www.reseaumistral.com/ftp/img_lignes/itineraire_ligne_67.pdf

 

 バス時刻表は下記。7月7日までがこちら

http://www.reseaumistral.com/ftp/img_lignes/fiche_horaire_L67_hiver.pdf

7月8日以降がこちら

http://www.reseaumistral.com/ftp/img_lignes/fiche_horaire_L67_ete.pdf


ヨーロッパで最初の国立海洋公園 ポルクロ島 PORT-CROS

ポルクロ島は1963年にヨーロッパで一番最初にできた歴史ある国立海洋公園です。

イエールの港(Saint-Pierre)からフェリーで1時間、イエールの港から約15kmほどのところには国立公園ポルクロ島があります。

島は東西4km、南北2.5kmの広さで島はもちろんのこと、島の回りの海域も600mにわたり国立公園で植物や魚も保護されています。

 

シュノーケリングやスキューバダイビングのスポットにもなっています。ビーチ沿いをシュノーケリングすると海の中で海草や魚介類、島に生息する生き物の説明が書かれたパネルをご覧頂けます。海中散歩をお楽しみください。

ポルクロ島へのアクセス

イエールセンターまたはイエール駅前から67番のバスに乗り港のフェリー乗り場まで行けます。フェリーで島まで所要時間約1時間。

フェリー時刻表は下記 行き先をPORT-CROSとお選びください。

http://www.tlv-tvm.com/horaires-tarifs-horaires-2/

 

バス67番フェリー乗り場があるサンピエール港行き路線図はこちら

http://www.reseaumistral.com/ftp/img_lignes/itineraire_ligne_67.pdf


ルヴォン島 LE  LEVANT

イエール諸島三つ目の島がルヴォン島です。島の半分以上の敷地が軍事施設ですが、美しい自然があり特にヌーディストの人たちが集まるビーチが世界的にも有名です。

 

ルヴォン島へのアクセス

イエールセンターまたはイエール駅前から67番のバスに乗り港のフェリー乗り場まで行けます。

フェリーで島まで所要時間約1時間。

 

フェリー時刻表は下記 行き先をLE  LEVANTとお選びください。

http://www.tlv-tvm.com/horaires-tarifs-horaires-2/

 

バス67番フェリー乗り場があるサンピエール港行き路線図はこちら

http://www.reseaumistral.com/ftp/img_lignes/itineraire_ligne_67.pdf 


ポルクロル島の写真ギャラリー




南仏プロヴァンスの朝市・マルシェ

Marché provençal à Hyères

南仏イエールの朝市では、地元ですくすく育ったカラフルな野菜や果物が目を楽しませてくれます。

地中海名物アーテイチョークはいかがでしょう。

土曜日の一番大きい朝市がオススメ。

【南仏イエール・マルシェ開催日】

月曜日 サラン地区(LES SALINS)

火曜日 ジアン半島のジアン地区(GIENS)、イエール中心ガンベッタ通り(野菜と果物のみ)

水曜日 レガード地区(L'AYGUADE)

金曜日 ラカップト地区(LA CAPTE)

土曜日 イエールセンター(HYERES CENTRE)

日曜日 イエールの港の無料駐車場

【蚤の市】

毎週日曜日 ラッカプト地区(6月7月8月以外)

毎週日曜日(通年) ジェアン カジノ ショッピングセンターの駐車場

毎週土曜日と日曜日(通年) イエール海側、アルマナ海岸と港の間の遊園地マジックワールド(MAGIC WORLD)の駐車場

イエールイベントカレンダーはこちら。

https://www.bonjourhyeres.com/%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/%E4%BB%8A%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

0 commentaires

2017年 度【必見ベストデスティネーション】に選出される。

【祝】南仏イエール・ポルクロル島がアメリカの雑誌The New York Timesが選ぶ2017年 度【必見ベストデスティネーション】に選ばれました!。

ポルクロル島は楽園と呼ばれターコイズブルーの海とブーゲンビリアには圧巻。今年の旅行はイエールに決まりですね。

http://www.nytimes.com/interactive/2017/travel/places-to-visit.html?smid=fb-nyttravel&smtyp=cur&place=iledeporquerolles&_r=0

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

南フランスから新年のご挨拶

Bonne année 2017 ! 南仏イエールから、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

南仏イエールは美しい自然、国立海洋公園の島々やフラミンゴの湿地帯、風光明媚な数ある海岸、歴史ある中世の町並み、カラフルな南仏の植物(ブーゲンビリア、ミモザ、マーガレット他)、文化イベント(モードフェスティバルやリード祭り、ヨットレースやブックフェス、朝市や蚤の市他)など、みどころいっぱいです。

毎週木曜日に日本人スタッフがイエールセンター観光局で勤務中です。ご遠慮なくお問い合わせください。5月から9月末まではポルクロル島観光局にて毎日勤務中です。

 

昨年お越しになれなかった皆様、是非今年は南仏イエールにお越しください。

観光局スタッフ一同、お待ちいたしております。

 

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

 

 

 

 

イエール・冬の打ち上げ花火とクリスマスマルシェ

南仏イエール・クリスマスマルシェは12月31日まで。

写真はマルシェ上空から撮影。

12月23日(金)18時30分イエール観光局建物屋上から打ち上げ花火があがります。

公式サイト https://www.bonjourhyeres.com/ 

FB https://www.facebook.com/bonjourhyeres