文化の発信地 ヴィラノアイユ (入場無料)

上のビデオはイエール国際モード&写真フェスティバルの雰囲気をご覧いただけます。天気のよい4月末の午後、イエールは華やかな雰囲気に包まれます。モードと自然がフュージョンする瞬間です。

モードフェスティバル会場のヴィラノアイユをマリーロー[持ち主/女優さんが演じています。]がご案内します。自分の家を紹介するストーリーで面白いです。フェスティバルの内容も紹介しています。



2013年11月イエールは仏文化省により《芸術と歴史の町》として認定

ヴィラノアイユは1920年代にイエールの旧市街を見下ろす高台に建てられたモダン建築のさきがけです。この芸術家たちが愛したヴィラが広大な庭とともに公開されています。

 

この邸宅は《人でなしの女》(1924仏)で建築を担当したロベール・マ レ=ステヴァン(1886~1945)の設計によるもので外観は船のような形をし、ゲヴレキアン氏が手がけたキュビズムの庭も大変興味深いです。

 

ヴィラの所有者だったノアイユ夫妻は、芸術家たちを支援するのをライフワークとしており、20世紀を代表する芸術家たち、ダリ、ジャコメッティ、マンレイ、ジャン コクトー、ルイス ブニュエルなどが、このヴィラでバカンスを過ごし芸術作品の創作、制作活動をしました。

彼たちの作品や写真が現在も残っており、無料展示されています。

 

芸術家マンレイはシャルルドノアイユ子爵の依頼により1929年に《サイコロ城の秘密》という映像作品をここで撮影。映画は覆面をした二人組がサイコロで何かを決めている様子が描かれ、お城そして迷路のような家の中を色々と探ります。映画の中に登場する何十枚もの絵画、屋内にあるスイミングプールなどから、映画が作られた当時のノアイユ子爵の邸宅の豪華さが至る所に見受けられます。

 

資金を提供したノアイユ子爵はこの作品の出来に満足し、その後1930年にはルイス・ブニュエル(1900~83)とサルバドール・ダリ(1904~89)の《黄金時代》、ジャン・コクトー(1889~1963)の《詩人の血》にも資金を提供しました。

ノアイユ子爵はマン・レイにも長編映画の製作を依頼したそうですが、マンレイは断り、これ以後映画を撮ることはなかったそうです。

 

イエールの旧市街や海、イエールの島々を見渡せるこのヴィラノアイユは現在文化の発信地として、若い才能や芸術家たちの活躍の場、学習の場として知られています。

 

毎年4月末には若手デザイナーやクリエイター、写真家の登竜門と名高いイエール国際モードと写真のフェスティバルが開催され毎年名誉招待として有名なデザイナーが審査委員長として就任し、新しい才能の発掘したり、チャンスの場として華やかな雰囲気のフェスティバルとして人気です。そのほかにも、デザインや建築などのイベントが年間を通じ開催されています。

  

☆ヴィラノアイユの年間イベント☆

 1年を通して下記のイベント以外常時、ノアイユ子爵の歴史常設展開催中。

4月 イエール国際モードフェスティバル

7月 デザインパレード詳細 WEBサイト  http://www.villanoailles-hyeres.com/welcome/
 (7月から9月)
Ouvert tous les jours sauf mardis et jours fériés, de 14h à 19h.
Le vendredi, ouverture en nocturne uniquement, de 16h à 22h (fermé le matin).

(10月から6月)
Ouvert tous les jours sauf lundis, mardis et jours fériés, de 13h à 18h.
Le vendredi, ouverture en nocturne, de 15h à 20h.

入場無料

コンタクト
Téléphone : +33 (0)4 98 08 01 98
email : contact@villanoailles-hyeres.com

住所 villa Noailles Montée Noailles Hyères 83400




南仏イエール・朝の海

南仏イエール,plage de l'Almanarre朝のアルマナ海岸を散歩。

朝の海は良いですね。
曇っていたので海の色はこんな感じでした。

 

温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

最後まで記事をお読み頂きありがとうございます。

 

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres 

南仏イエール・アルマナ海岸はカイトサーフィンとウインドサーフィンのメッカ

南仏イエールにあるアルマナ海岸はカイトサーフィンとウインドサーフィンのメッカです。


夕日に乗ってサーフィンするような素敵な幻想的な写真を Roy Letayf 氏にお借りしました。

美しい海は四季折々、時間ごとに美しく心を癒してくれます。すぐそばにはフラミンゴの湿地帯や紀元前4世紀の遺跡群がございます。

 

温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

最後まで記事をお読み頂きありがとうございます。

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres 

南仏イエール・ブックフェアは5月13日(土)、14日(日)です。

5月13日(土)、14日(日)は【南仏イエール・ブックフェア】開催です。

今回が第3回目となるこのイベント、毎年規模も拡大しています。

 

木曜日と金曜日には前夜祭があり、イエールのカジノにあるホールや市立メディアテック(図書館)で作家や編集者、出版社の人たちによる、討論会や講義、映画上映があり、イベント当日にもコンサートや会場では約140人の色んなジャンルの作家がスタンドを構える予定です。

 

今回は主賓として2013年にアカデミーフランセーズ会員に選出されたダニー ラフェリエール氏(DANY LAFERRIERE)が来られます。

http://fujiwara-shoten.co.jp/main/authors/archives/2000/01/post_18.php

日本贔屓の作家と聞いているので、気になります。

 

ブックフェスティバルのプログラムは下記です。

https://www.fetedulivre.hyeres.fr/programmation

 

前夜祭のプログラムはこちら。

https://www.fetedulivre.hyeres.fr/leoffdelafete

 温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

セーリングワールドカップ日本代表・小嶺さんと倉持さんイエール旧市街訪問

Lire la suite

南仏イエール古代遺跡・オルビア遺跡群で古代戦術披露

Lire la suite

南仏イエールとジャン コクトー

Lire la suite

南仏イエール絶景【塩の道】La route du sel が期間限定で開通

Lire la suite

南仏イエールは夏日和。アルマナ海岸の夕焼け

Lire la suite

フランスは夏時間が始まりました。

フランスでは先週の土曜日夜中から夏時間が始まりました。

日本との時差は7時間。例えば現地時間9時30分で、日本16時30分といった具合です。

これから6月下旬まで日が長くなります。

夏時間は日が長くなる夏に1時間を足すことによって、外で活動する時間も多くなり、太陽の光のおかげで家や会社にいる人たちは電気をつけるのも遅くなり経済効果があると考えられています。

 

日本では家や会社にいるとエアコンをつける時間が長くなるかもしれないので、電力を更に使うことになり、経済効果は見込めませんね。湿気の少ないフランスやヨーロッパにはこのシステムが適しているようです。

 

南仏イエールは花や海が美しい素晴らしい季節の到来です。

写真のアフリカンデージーとマツバギクなどが満開です。

 

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

南フランス・イエールは藤の季節

Lire la suite