オルビア遺跡群(VESTIGES OLBIA)

イエールの海側、現在のあるマナ海岸すぐそば風光明媚な場所に、紀元前4世紀中ごろギリシャ人によって作られた集落、植民地だったオルビア遺跡郡があります。

 

フランスでも大変珍しい、一般公開されている古代ギリシャ都市オルビア遺跡群は必見!

オルビア遺跡群の歴史は紀元前4世紀にまで遡り、ギリシャ人がイエールの海側に海上貿易の中継地として町を築きました。 

 

オルビア遺跡群ではギリシャ時代、ローマ時代、中世の時代それぞれの歴史の跡が現在も見られます。石の住居や共同浴場、塀で囲まれた町、お店、修道院、お墓跡などです。イエールの美しい海が目の前に広がります。

遺跡観光の跡にアルマナ海岸のビーチを散歩したり、海岸沿いのカフェやレストランで食事もお楽しみください。塩田湿地帯と海にはさまれた、塩の道もすぐそばですので、海と塩田を見ながらの散歩もお勧めです。

オルビア遺跡郡のページ(仏語と英語)

 

http://www.hyeres-tourisme.com/preparer-votre-venue/loisirs/pour-les-enfants/401713-site-archeologique-dolbia

 

フランス全土で毎年6月に考古学の日という3日ほどの催し物があり、この期間中オルビア遺跡群は無料開放され、色んなイベントが遺跡内で開催されます。今年の考古学の日は6月16日(金)から18日(日)の三日間です。詳細はこのサイトなどでご紹介する予定です。

 

フランス考古学の日・公式サイト

http://journees-archeologie.fr/

 

見学は有料です。

11月から3月の一般公開は10名様以上から予約制で火曜日から土曜日までが見学可能です。これ以外の季節は予約なしでも見学できるのですが、冬は予約制となっています。ガイドつきの場合は水曜日と土曜日の14時から、4名様以上集まり次第遂行しています。

Tél : 04.94.65.51.49 site.olbia@mairie-hyeres.com

 

フランス語のpdfオルビア遺跡の観光資料

http://www.hyeres-tourisme.com/files/ot-hyeres/files/olbia.pdf 


オルビア遺跡の写真

アクセス

バスの場合イエールセンターまたは鉄道イエール駅から39番TOULON行き、バス停ALMANARRE(アルマナー)下車。片道1.4ユーロ。

バスの時刻表はこちら。

住所など連絡先

Site Archéologique d'Olbia 
Quartier de l'Almanarre 83400 Hyères 
Tél : 04.94.65.51.49 ou 04.94.31.12.31
site.olbia@mairie-hyeres.com