イエール二つの塩田湿地帯

LES VIEUX SALINSとLE SALIN DE PESQUIERS

イエールの塩田はヴァ-ル県の沿岸にある美しい自然地帯の中でも、特に注目すべき場所のひとつです。イエールには塩田湿地帯が2つあります。

 

ぺスキエ塩田(Le salin des Pesquiers) はレドン湿地帯 (le marais Redon) を含め、550ヘクタールの広さがあり、ジアン半島を金槌の形だとすると柄の部分の真ん中を占めるように広がっています。  

 

2つ目は古い塩田 (Les vieux salins) で350ヘクタールの面積があり、海側に面している部分は約3キロの距離で広がっています。

 

1995年まで海水からかん水を採取し塩を作る採かん作業が行われていました。

この年にその当時の所有者が経済的理由のため塩を取るのを中止。

これらの塩田湿地帯は生物学上において大変興味深く、その上地中海に面し地理的、景観的にも他で例を見ない素晴らしい場所です。2001年から公的機関の 沿岸域保全整備機構(Conservatoire du littoral)が所有しています。  

 

2004年1月1日から運営者となった基礎自治体の集まりTPM (l'agglomération Toulon Provence Méditerranée) が沿岸域保全整備機構(Conservatoire du littoral)、ポルクロ国立自然公園(Parc national de Port Cros) の技術担当者や科学担当の協力のもと、イエール市も協賛し自然と景観を保護し、それに基づく方法による一般公開などを文書にした《運営プラン》を発効しました。http://www.conservatoire-du-littoral.fr

 

イエールの塩田湿地帯は海岸地域の伝統的開発を見届けた証人でもあり、その歴史や文化面で私たちに大きな財産を残してくれました。

ラムサール条約の世界の重要な湿地帯にも指定されています。

 

【塩田管理に関する問い合わせ先】

TPM(l'agglomération Toulon Provence Méditerranée Site des Salins d'Hyères )

 04 94 01 36 33(仏語、英語)

 

 【ガイドつき観光】  

ガイド付き観光ツアーは予約制で環境にマイナスの影響を与えないため、一度のツアーは20人までと人数制限があります。集合は塩田入り口、67番のバスが塩田すぐそばのLA CAPTEのバス停に停まります。

 

塩田における鳥の生態と環境ツアー(有料、要予約)二つの塩田からお選びください。

日程も違いますので下記のサイトで確認ください。

http://www.hyeres-tourisme.com/fr/evenement_mois_search.asp?thematique=VISITES&nomevent=&Submit=Lancer+la+recherche

 

上記のツアーについて電話問い合わせと、予約は下記の二つの窓口で可能です。

イエール観光局 http://www.hyeres-tourisme.com/

電話番号 フランス 33 ( 0 ) 4 94 01 84 50(仏語、英語)

Ligue de Protection des Oiseaux (鳥類保護同盟)

電話番号 フランス 33 ( 0 ) 4 94 01 09 77(仏語、英語)

 

塩田の塩の歴史ツアー(有料、要予約)

ぺスキエ塩田(Le salin des Pesquiers)

イエール観光局 http://www.hyeres-tourisme.com/

電話番号 フランス 33 ( 0 ) 4 94 01 84 50(仏語、英語)

 

【一般公開情報】 

イエール東の海のそばにある古い塩田(Les vieux salins)は遊歩道が整備され、塩田を見ながらの散歩が無料で自由にできるようになっております。

お車の場合、市営スタジアム駐車場(無料)がすぐそばにありアクセスしやすくなっております。

 

そこから遊歩道《Levée de Saint-Nicolas 》が600メートルにわたり塩田中心まで伸び、散歩とサイクリングを楽しめるようになっております。犬は紐でつないであれば同行可能です。

 

自然広場(L'Espace Nature と言う建物がこの遊歩道の先にあり、イエールの塩田で見られる植物や鳥、どのようにイエールが塩田を運営しているかなどを写真と説明文で詳しく紹介しています。

 

【一般公開は水曜日から日曜日まで】

11月から翌年3月まで/9時半~12時までと14時~16時半まで。

4月から6月、9月と10月/9時~12時までと14時~17時半まで。

7月8月/9時~12時までと16時~20時まで。  




南仏プロヴァンスの朝市・マルシェ

Marché provençal à Hyères

南仏イエールの朝市では、地元ですくすく育ったカラフルな野菜や果物が目を楽しませてくれます。

地中海名物アーテイチョークはいかがでしょう。

土曜日の一番大きい朝市がオススメ。

【南仏イエール・マルシェ開催日】

月曜日 サラン地区(LES SALINS)

火曜日 ジアン半島のジアン地区(GIENS)、イエール中心ガンベッタ通り(野菜と果物のみ)

水曜日 レガード地区(L'AYGUADE)

金曜日 ラカップト地区(LA CAPTE)

土曜日 イエールセンター(HYERES CENTRE)

日曜日 イエールの港の無料駐車場

【蚤の市】

毎週日曜日 ラッカプト地区(6月7月8月以外)

毎週日曜日(通年) ジェアン カジノ ショッピングセンターの駐車場

毎週土曜日と日曜日(通年) イエール海側、アルマナ海岸と港の間の遊園地マジックワールド(MAGIC WORLD)の駐車場

イエールイベントカレンダーはこちら。

https://www.bonjourhyeres.com/%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/%E4%BB%8A%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

0 commentaires

2017年 度【必見ベストデスティネーション】に選出される。

【祝】南仏イエール・ポルクロル島がアメリカの雑誌The New York Timesが選ぶ2017年 度【必見ベストデスティネーション】に選ばれました!。

ポルクロル島は楽園と呼ばれターコイズブルーの海とブーゲンビリアには圧巻。今年の旅行はイエールに決まりですね。

http://www.nytimes.com/interactive/2017/travel/places-to-visit.html?smid=fb-nyttravel&smtyp=cur&place=iledeporquerolles&_r=0

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

南フランスから新年のご挨拶

Bonne année 2017 ! 南仏イエールから、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

南仏イエールは美しい自然、国立海洋公園の島々やフラミンゴの湿地帯、風光明媚な数ある海岸、歴史ある中世の町並み、カラフルな南仏の植物(ブーゲンビリア、ミモザ、マーガレット他)、文化イベント(モードフェスティバルやリード祭り、ヨットレースやブックフェス、朝市や蚤の市他)など、みどころいっぱいです。

毎週木曜日に日本人スタッフがイエールセンター観光局で勤務中です。ご遠慮なくお問い合わせください。5月から9月末まではポルクロル島観光局にて毎日勤務中です。

 

昨年お越しになれなかった皆様、是非今年は南仏イエールにお越しください。

観光局スタッフ一同、お待ちいたしております。

 

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

 

 

 

 

イエール・冬の打ち上げ花火とクリスマスマルシェ

南仏イエール・クリスマスマルシェは12月31日まで。

写真はマルシェ上空から撮影。

12月23日(金)18時30分イエール観光局建物屋上から打ち上げ花火があがります。

公式サイト https://www.bonjourhyeres.com/ 

FB https://www.facebook.com/bonjourhyeres