ポルクロル島の歴史

ポルクロル島は素敵な歴史のある、ロマンティックな島です。 

この島は実は結婚の贈り物として、1912年にベルギー出身のフォルニエ氏が奥様にプレゼントした愛の証の島なのです。 

素敵だけど、贈り物の規模が違いますね。フォルニエ氏はメキシコで金鉱や銀鉱を経営し富をなし、1911年に結婚した奥さんと新婚旅行で、色んなところを旅行しその中のひとつとして、この自然がいっぱいの美しい色の海のある、ポルクロル島を訪れ、たいそう気に入りプレゼントしたそうです。現在もメキシコにあるような建物が島の中でも見受けられます。 


1912年と1934年にはヨーロッパでは戦争が起こり、1929年の世界恐慌でフランスも経済に打撃を受けましたが、フォルニエ氏一族と雇われている人たちは、島の中での自立した経済を営み、切り抜けました。この頃から環境や島の自然を大切にし、島でフォルニエ氏のために働く人には医療費免除や、保険のシステム、子供を預かる託児所システムなども早くから取り入れ、社会福祉にも貢献しました。 


1971年にイエール市がこの島を購入しましたが、今もフォルニエ氏一族が所有する土地やホテル、ブドウ畑、ワイナリーなどがあり、観光の開発にも努力を努めています。町の中にはFOURNIER通りがあり、フォルニエ氏の家もあります。 
6月のポルクロル島は晴天が続き、ブーゲンビリエやサボテンの花、黄色い花などがあちこちで咲いて、エメラルドグリーンの海とともに島をカラフルに彩っています。 
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。



【ジャンコクトーの足跡@南仏イエール】Villa Noailles@Hyéres

続きを読む

第35回 #イエール国際モードフェスティバル は2020年4月23日から27日に開催。

続きを読む

南仏イエールのロゼワイン

COTES DE PROVENCE@HYERES #南フランス #イエール やっぱり #ワイン は #ロゼ ですね。この暑い時期に美しい淡いピンク色のよく冷えたロゼを飲む。実は #幸せってシンプル なのかも。イエールのこの辺りのワインはコートドプロヴァンスのワインと呼ばれます。

プールサイドや海辺のレストランでロゼワイン、絵になりますね。

https://bonjourhyeres.com

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。最寄り駅はイエール駅(HYERES)、TGVで乗り換えなし。

 フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf/

 

 最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

 

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

 

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

 

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

 

南仏イエール夜の街並み。石畳の旧市街にあるマシヨン広場レストラン、テラス席

続きを読む

南仏イエール港・夏のナイトマーケットは8月31日まで

続きを読む

南仏イエールセンター旧市街・夏限定ナイトマルシェ

続きを読む

7月8月イエールのIBIS HOTELで 無料コンサート

続きを読む

イエール駅前イビス スタイルズ ホテル(IBIS STYLES HYERES CENTRE GARE)に日本人スタッフ勤務中。

続きを読む

南仏イエール、港の打ち上げ花火日程

続きを読む

Fête de la Musique 2019毎年6月21日は音楽の日

Fête de la Musique 2019

今日6月21日は #音楽の日 フランス全土が音楽コンサートで盛り上がります。#南フランス #イエール も町中でロック、クラシック、ジャズ、ポップ、レゲエ、ハードロック、ボサノヴァなどのコンサートで盛り上がります。

プログラムは下記ページでご確認ください。

https://www.hyeres-tourisme.com/agenda-fetes-manifestations/fete-de-la-musique-2/

 

◎音楽の日の歴史◎

音楽の日はフランス語では音楽のお祭り、ラ フェット ドゥ ラ ミュージック・LA FETE DE LA MUSIQUE と呼ばれ、この日はフランス全土が音楽のお祭りの場となって盛り上がります。

このお祭りは1982年にミッテラン政権で当時の文化大臣ジャック ラングさん提唱の下、日照時間が一年で一番長い夏至の日に音楽を夜通し楽しもうと、音楽の日、音楽のお祭りのイベント第一回目が始まりました。

 

詳しくは #フランス文化省 の音楽の日のサイトでご覧ください。http://fetedelamusique.culture.fr/

アマチュアもプロも、市役所で許可をもらえば定められた場所でコンサートをすることができます。ちなみに私も習い事で入っているコーラス隊の一員としてコンサートで歌います。

大きな都市では大規模なコンサートが開かれ、家族連れで色んな音楽を楽しむのがこの日の醍醐味です。町中がお祭りムードです。

この機会に是非フランスの文化;カルチャーを体験してください。

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf/

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/