イエールが日本のテレビで紹介されます。

BS日テレの旅番組『大人のヨーロッパ街歩き』でイエールの街が54分の番組で特集されます。

 

2012年8月20日(月)19:00~19:54放送予定です。 是非ご覧ください。 番組のサイト http://www.bs4.jp/guide/document/e_machiaruki/

 

7月にはフィガロジャポンに国立自然公園の島、ポルクロル島が載ったり、今月もこの50分以上もの番組でイエールの町を取り上げていただける事になり、イエール観光局のスタッフ一同とても喜んでいます。

イエールは地中海に面している街で、美しいイエール諸島と南国ムードの青い空と海、やしの木が茂る通りや中世の名残ある旧市街が素敵なプロヴァンスとコートダジュールの交わる場所にあり、人口は5万5千人です。年間300日以上が晴天日です。

美しい海の色も素晴らしいですが、旧市街の石畳や歴史ある建物群、活気ある魚や、八百屋、お土産や、ケーキや、パン屋、カフェや広場、マルシェ・朝市、蚤の市などが、温暖な気候の青い空の下に賑わいます。


これからも南仏在住、南仏観光局勤めと言うメリットを活かして、南仏情報を南仏イエール観光局から日本の皆様へ発信していきたいと思います。

《アクセス》
◎電車で
イエールの町には国鉄(SNCF)の駅があり、フランス各地からローカル電車や高速列車(TGV)で来ることが可能です。所要時間/パリ リヨン駅から乗り換えなしのTGVで4時間半,マルセイユから1時間15分 http://www.sncf.com/

◎飛行機で
パリから1時間20分。イエールの海側には国内線、国際線ともに発着するTOULON-HYERES空港があります。毎日パリのオルリー空港からからの飛行機はもとより、ヨーロッパ各地からの国際線も発着しています。
http://www.toulon-hyeres.aeroport.fr/ (空港のサイト)
航空券予約・パリから(日本語)http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do
ボルドーやナントから(仏・英語)http://www.volotea.com/fr/

南仏イエール日本語公式サイトhttp://hyeres.jimdo.com/

イエールの日本語パンフレットを数種類ネット上にてBOOK式に公開しております。
http://issuu.com/yukaprovence

Commentaires : 0 (Discussion fermée)
    Aucun commentaire pour le moment.



夕陽が沈んだ後、空のグラデーション

南仏イエール,plage de l'Almanarreアルマナ海岸。夕陽が沈んだ後、空の色のグラデーションが綺麗でした。海は波もなく滑らかな表面が油のようで、自然の美しさに癒されます。
 
南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/
twitter https://twitter.com/hyeres83400
Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

南仏の朝、イエール・アルマナ海岸

Lire la suite

南仏イエール・ナイトマーケット開催中

【南仏イエール・ナイトマーケット開催中】

イエールセンター旧市街ドゴール通りのナイトマーケットは7月27日(木)、8月3日(木)、10日(木)、17日(木)に開催されます。

旧市街もライトアップされ夜の散歩にお勧めです。

7月と8月は南仏イエール港で、毎日ナイトマーケット開催中。

レガード地区は毎週土曜日にナイトマーケットが立ちます。

ラカップ地区は毎週月曜日、町役場付近でナイトマーケット開催中。

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

ポルクロル島の風車

Lire la suite

南仏イエール・朝の海

南仏イエール,plage de l'Almanarre朝のアルマナ海岸を散歩。

朝の海は良いですね。
曇っていたので海の色はこんな感じでした。

 

温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

最後まで記事をお読み頂きありがとうございます。

 

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres 

南仏イエール・アルマナ海岸はカイトサーフィンとウインドサーフィンのメッカ

南仏イエールにあるアルマナ海岸はカイトサーフィンとウインドサーフィンのメッカです。


夕日に乗ってサーフィンするような素敵な幻想的な写真を Roy Letayf 氏にお借りしました。

美しい海は四季折々、時間ごとに美しく心を癒してくれます。すぐそばにはフラミンゴの湿地帯や紀元前4世紀の遺跡群がございます。

 

温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

最後まで記事をお読み頂きありがとうございます。

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres 

南仏イエール・ブックフェアは5月13日(土)、14日(日)です。

5月13日(土)、14日(日)は【南仏イエール・ブックフェア】開催です。

今回が第3回目となるこのイベント、毎年規模も拡大しています。

 

木曜日と金曜日には前夜祭があり、イエールのカジノにあるホールや市立メディアテック(図書館)で作家や編集者、出版社の人たちによる、討論会や講義、映画上映があり、イベント当日にもコンサートや会場では約140人の色んなジャンルの作家がスタンドを構える予定です。

 

今回は主賓として2013年にアカデミーフランセーズ会員に選出されたダニー ラフェリエール氏(DANY LAFERRIERE)が来られます。

http://fujiwara-shoten.co.jp/main/authors/archives/2000/01/post_18.php

日本贔屓の作家と聞いているので、気になります。

 

ブックフェスティバルのプログラムは下記です。

https://www.fetedulivre.hyeres.fr/programmation

 

前夜祭のプログラムはこちら。

https://www.fetedulivre.hyeres.fr/leoffdelafete

 温暖な南仏イエール、夏のシーズン前に是非お越しください。

ブーゲンビリアのシーズンは5月末から9月末ごろまでです。

【イエールまでのアクセス】

パリからTGV乗り換えなし4時間30分、HYERES駅下車。

フランス国鉄 https://www.voyages-sncf.com/

 

パリからエールフランス航空国内線で1時間15分、TOULON-HYERE空港。

エールフランスは日本語でフランスの国内線も予約可能です。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/home/home/HomePageAction.do

 

南仏イエール公式サイト

http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

セーリングワールドカップ日本代表・小嶺さんと倉持さんイエール旧市街訪問

Lire la suite

南仏イエール古代遺跡・オルビア遺跡群で古代戦術披露

Lire la suite

南仏イエールとジャン コクトー

Lire la suite