ガレット デ ロワ / フランスの新年の伝統菓子

フランスの年始の焼き菓子というと、ガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)ですね。アーモンドクリームを作って、パイ生地に挟んで焼くというフランス中央部から北部スタイルはフロンジパン(frangipane)と呼ばれます。

南仏はブリオッシュ生地でわっかの形をしてその上にカラフルな果物の砂糖ずけがデコレーションされているものが主流です。ケーキ屋や、パン屋、スーパーではどちらのケーキも売っているので、どちらも楽しめて良いです。

ガレットデロワはフランスの新年
伝統菓子で、このケーキを焼くときは厚い紙で作ったキラキラの王冠も用意いたします。中にはフェーブ[日本語でおたふく 豆、昔は豆が入っていましたが今は陶器の人形や人気のキャラクターが入っている事も多い]と呼ばれる小さい人形や小物が入っており、切り分けたときに当 たった人は、「王様」になれます。
フランスの行事はほぼ全部がキリスト教に関連しますが、これもそうです。東方の三博士の来訪を記念する1月6日公現節[仏語でエピファニー/Épiphanie]に由来し、神がイエス様という人間の形をとって姿を現されたことを祝う日だそうです。

南仏イエール公式サイト http://hyeres.jimdo.com/
ツイッター https://twitter.com/hyeres83400