南仏イエールの朝市

南仏イエールに来たら、朝市観光がお勧めです。
ベレー帽をかぶり、かごに野菜とバゲットを入れた絵に描いたようなフランスの男性たちにもすれ違ったり、色とりどりのイエールで収穫された野菜や果物、イエールで作ったワイン、南仏プロヴァンス柄の黄色や青、ラヴェンダー色のテーブルクロスやタオル、量り売りのオリーブやタプナード、アンショワヤードといった南仏郷土食品などが朝市では見受けられ、なにも買わなくてもただ見ているだけでも楽しいです。

一番大きい朝市はイエールセンター毎週土曜日の朝です。イエールの中心地ガンベッタ通り(AVENUE GAMBETTA)の上の方、旧市街近くのジェネラルドゥゴール通り(AVENUE DU GENERAL DE GAULLE)、レプブリック広場(PLACE REPUBLIQUE)、クレモンソー広場(PLACE CLEMENCEAU)の広範囲に立ちます。

朝市の曜日は下記です。

月曜日 サラン地区(LES SALINS)
火曜日 ジアン半島のジアン地区(GIENS)、イエール中心ガンベッタ通り(野菜と果物のみ)
水曜日 レガード地区(L'AYGUADE)
金曜日 ラカップト地区(LA CAPTE)
土曜日 イエールセンター(HYERES CENTRE)
日曜日 イエールの港の無料駐車場


ツイッター https://twitter.com/hyeres83400

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

公式フェイスブック https://www.facebook.com/bonjourhyeres