ゴールデンウィークは南仏イエールでモードする。4月26日からイエール国際モードフェスティバル

4月26日からイエール国際モードフェスティバルが開催されます。ゴールデンウィークは南仏イエールでモードする。
これに決まりですね。下記のビデオでイエールの4月末初夏のような陽気の中、おしゃれな人たちが世界中から集まり、この期間中は南仏の田舎町がモードに染まります。見ているだけでも楽しい。下記のビデオでその雰囲気を少しご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=HdazvhCCSk

若手デザイナー登竜門・イエール国際モードフェステイバルは今年2018年4月26日~30日迄開催されます。世界から注目される華やかなモード、芸術の祭典。開催期間中は町中におしゃれでモード、アートな人たちが集まります。

モード、写真、アクセサリー部門でフランス、カナダ、フィンランド、オランダ、カナダ、フィリピン、ロシア、ドイツなど8カ国以上の、最終選考で選ばれた素晴らしい人たちが、その技術とセンスなどを競います。
詳細はこちら(仏語サイト)http://www.arcstreet.com/2018/01/33e-festival-international-de-mode-de-photographie-et-d-accessoires-de-mode-a-hyeres-du-26-au-30-avril-2018.html

https://miniweb.metropoletpm.fr/actualites/selectionnes-2018

今年の審査員長はエレガントな魅力パリのメゾン・ベルルッティ(BERLUTI)のハイダー・アッカーマン氏。
ハイダーアッカーマン氏の記事はこちら。
https://gqjapan.jp/fashion/collection/20170123/berluti-2017-aw
ベルルッティの歴史はこちら。
https://www.vogue.co.jp/tag/brand/berluti

主催会場はイエール旧市街高台の20世紀の芸術家コクトー、ジャコッメッティ、ダリ、マンレイゆかりのヴィラノアイユです。

暖かい気候のもと、景色の良いアートな空間ヴィラノアイユで夢のような人ときをお過ごしください。

 

【イエールまでのアクセス】

TGV高速列車でHYERES駅下車、パリから4時間30分。
マルセイユから1時間20分ほど。

パリからイエールまでは飛行機で1時間20分。
日本からパリの空港に着き、すぐに南仏へ来る事も可能です。

毎日パリのシャルルドゴール空港、オルリー空港から国内便が就航中。春から夏には国内リール、ストラスブール、ボルドー、コルシカ島便就航。

イギリス、オランダ、デンマーク、ベルギー、アルジェリア、スイス便就航。気軽にイエールへどうぞ。

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/
twitter https://twitter.com/hyeres83400
Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres