6月末、南仏イエール 発着ラベンダーツアーに参加。

ボンジュール。南仏イエール観光局日本人スタッフのYUKAです。6月末、南仏イエール 発着バスツアーに参加しました。参加したツアーは3B VOYAGEというバス会社のツアーです。

下記でイエール発着ツアーの行き先リストがご覧いただけます。

http://www.voyagesautocars.fr/transporteur-voyages-83.html

 

南仏に住み始めて長くなってきましたが、この時期になると、なんやかんやいっても毎年ラベンダー畑を見に来ます。紫色の丸まったこの美しく、香りも良い植物が目の前にはてしなく広がる景色。

青い空の下に、南仏の太陽の日差しのしたに。

 

何度見てもこの景色に圧倒され、感動します。やっぱり行ってよかった。

美しい自然には癒し効果がありますね。

 

芸術方面の才能はないですが、偉大な芸術家たちがこの景色にインスパイアを受けて制作活動するという気持ちが少しわかるような気もします。

 

行程や時間配分をこちらにこのブログに書いております。

プログラムはラベンダー畑、昼食付、ムスティエサントマリーというフランスの美しい村のひとつを観光というプログラムで、費用は53ユーロ。個人で車をだし長距離運転するのは疲れるし、ワインも飲めないので、このツアーはこの値段でお食事もついてすごくお得です。

 

【ラベンダーツアーの行程】

朝6時25分・イエールセンター発その後イエール駅やTOULONなど色んな場所で参加者をピックアップしました。

 

8時半に高速道路でトイレ休憩20分。小さなスーパーあり。

 

9時40分・ラベンダー高原にある、お土産やさんに到着。

お土産やさんの店主が、ラベンダーについて説明してくれたあと、ラベンダーのエッセンシャルオイル抽出するまでの栽培や収穫のビデオを鑑賞。

 

10時15分頃、お店内で解散となり、自由行動でお買い物やお店の周りの広大なラベンダー畑散策と写真撮影を楽しみました。

 

11時10分にバスに乗り込み、リエーズという町に昼食のために移動。

 

12時少し前にリエーズの町のレストランに到着。

前菜はサラダに生ハムとメロン、ヤギチーズのトーストのサラダ。

メインはチキンのソテーと蒸しジャガイモ添え。

ロゼワインまたは赤ワイン、または白ワインが1杯つきます。

デザートはパリブレスト。

食後のコーヒー。

 

13時30分昼食場所を出発。

 

14時頃ムステイエサントマリー到着。

ムステイエサントマリーを散策。

 

15時30分にバスは出発。

 

17時45分頃にイエール到着解散。

 

出発が朝少し早いですが、暑くも無く渋滞もなく、良い感じでした。

イエールからイタリア 朝市やヴェルドン渓谷、グラース ,アルル,アヴィニョンなど日帰りツアーが便利。

詳細はこちらのページでご覧ください。 イエール発着のバスツアー特集ページ

 

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf/

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/




南仏イエールのロゼワイン

COTES DE PROVENCE@HYERES #南フランス #イエール やっぱり #ワイン は #ロゼ ですね。この暑い時期に美しい淡いピンク色のよく冷えたロゼを飲む。実は #幸せってシンプル なのかも。イエールのこの辺りのワインはコートドプロヴァンスのワインと呼ばれます。

プールサイドや海辺のレストランでロゼワイン、絵になりますね。

https://bonjourhyeres.com

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。最寄り駅はイエール駅(HYERES)、TGVで乗り換えなし。

 フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf/

 

 最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

 

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

 

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

 

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

 

南仏イエール夜の街並み。石畳の旧市街にあるマシヨン広場レストラン、テラス席

Lire la suite

南仏イエール港・夏のナイトマーケットは8月31日まで

Lire la suite

南仏イエールセンター旧市街・夏限定ナイトマルシェ

Lire la suite

7月8月イエールのIBIS HOTELで 無料コンサート

Lire la suite

イエール駅前イビス スタイルズ ホテル(IBIS STYLES HYERES CENTRE GARE)に日本人スタッフ勤務中。

Lire la suite

南仏イエール、港の打ち上げ花火日程

Lire la suite

Fête de la Musique 2019毎年6月21日は音楽の日

Fête de la Musique 2019

今日6月21日は #音楽の日 フランス全土が音楽コンサートで盛り上がります。#南フランス #イエール も町中でロック、クラシック、ジャズ、ポップ、レゲエ、ハードロック、ボサノヴァなどのコンサートで盛り上がります。

プログラムは下記ページでご確認ください。

https://www.hyeres-tourisme.com/agenda-fetes-manifestations/fete-de-la-musique-2/

 

◎音楽の日の歴史◎

音楽の日はフランス語では音楽のお祭り、ラ フェット ドゥ ラ ミュージック・LA FETE DE LA MUSIQUE と呼ばれ、この日はフランス全土が音楽のお祭りの場となって盛り上がります。

このお祭りは1982年にミッテラン政権で当時の文化大臣ジャック ラングさん提唱の下、日照時間が一年で一番長い夏至の日に音楽を夜通し楽しもうと、音楽の日、音楽のお祭りのイベント第一回目が始まりました。

 

詳しくは #フランス文化省 の音楽の日のサイトでご覧ください。http://fetedelamusique.culture.fr/

アマチュアもプロも、市役所で許可をもらえば定められた場所でコンサートをすることができます。ちなみに私も習い事で入っているコーラス隊の一員としてコンサートで歌います。

大きな都市では大規模なコンサートが開かれ、家族連れで色んな音楽を楽しむのがこの日の醍醐味です。町中がお祭りムードです。

この機会に是非フランスの文化;カルチャーを体験してください。

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://www.oui.sncf/

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

今年もウインドサーフィン日本チームがイエール滞在

Lire la suite

クレモンソー広場 が2019年春リニューアル

Lire la suite