南フランス、イエールのモダニズム建築ヴィラノアイユでピカソの作品を見よう

南フランス イエール モダニズム建築 ヴィラノアイユ で ピカソの作品を見よう。入場無料。

ノアイユ子爵は芸術家たちを支援し、現在このモダニズム建築の先駆けである邸宅は無料開放されています。

高台にあり旧市街、島、海が一望。火休み。午後から。

ヴィラノアイユは1920年代にイエールの旧市街を見下ろす高台に建てられたモダニズム建築のさきがけです。外観は船のような形をしています。ゲヴレキアン氏が手がけたキュビズムの庭も大変興味深いです。この高台に位置する海が見える景色の素晴らしい邸宅では、コクトー、ジャコッメッティ、ダリ、マンレイ、ブニュエルなど多くの芸術家たちがバカンス過ごしました。

 

特にジャンコクトー氏とノアイユ夫妻は深い親交があっあったことで知られ、コクトー氏の作品が現在もヴィラの常設展でご覧いただけます。

 

この邸宅で設計、建築を担当したロベール・マ レ=ステヴァン(1886~1945)は映画界でも活躍し《人でなしの女》(1924仏)で建築を担当しました。

 

ヴィラの所有者だったノアイユ夫妻は、芸術家たちを支援するのをライフワークとしており、20世紀を代表する芸術家たち、ダリ、ジャコメッティ、マンレイ、ジャン コクトー、ルイス ブニュエルなどが、このヴィラでバカンスを過ごし芸術作品の創作、制作活動をしました。彼たちの作品や写真が現在も残っており、無料展示されています。

 

芸術家マンレイはシャルルドノアイユ子爵の依頼により1929年に《サイコロ城の秘密》という映像作品をここで撮影。映画は覆面をした二人組がサイコロで何かを決めている様子が描かれ、お城そして迷路のような家の中を色々と探ります。映画の中に登場する何十枚もの絵画、屋内にあるスイミングプールなどから、映画が作られた当時のノアイユ子爵の邸宅の豪華さが至る所に見受けられます。

 

資金を提供したノアイユ子爵はこの作品の出来に満足し、その後1930年にはルイス・ブニュエル(1900~83)とサルバドール・ダリ(1904~89)の《黄金時代》、ジャン・コクトー(1889~1963)の《詩人の血》にも資金を提供しました。

ノアイユ子爵はマン・レイにも長編映画の製作を依頼したそうですが、マンレイは断り、これ以後映画を撮ることはなかったそうです。

 

イエールの旧市街や海、イエールの島々を見渡せるこのヴィラノアイユは現在文化の発信地として、若い才能や芸術家たちの活躍の場、学習の場として知られています。

 

毎年4月末には若手デザイナーやクリエイター、写真家の登竜門と名高いイエール国際モードと写真のフェスティバルが開催され毎年名誉招待として有名なデザイナーが審査委員長として就任し、新しい才能の発掘したり、チャンスの場として華やかな雰囲気のフェスティバルとして人気です。そのほかにも、デザインや建築などのイベントが年間を通じ開催されています。

  

☆ヴィラノアイユの年間イベント☆

 1年を通して下記のイベント以外常時、ノアイユ子爵の歴史常設展開催中。

4月 イエール国際モードフェスティバル

7月 デザインパレード

詳細 WEBサイト  http://www.villanoailles-hyeres.com/welcome/

 夏(7月から9月)

Ouvert tous les jours sauf mardis et jours fériés, de 14h à 19h.

Le vendredi, ouverture en nocturne uniquement, de 16h à 22h (fermé le matin).

冬(10月から6月)

Ouvert tous les jours sauf lundis, mardis et jours fériés, de 13h à 18h.

Le vendredi, ouverture en nocturne, de 15h à 20h.

入場無料

コンタクト

Téléphone : +33 (0)4 98 08 01 98

email : contact@villanoailles-hyeres.com

住所 villa Noailles Montée Noailles Hyères 83400

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://sncf.com/fr

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

 




今年の夏なんとマクロン大統領ご夫妻ヴィラノアイユ見学

Lire la suite

日本のかわいい文化を世界に発信Q-POT デザイナー ワカマツタダアキさんが南仏イエールを観光

Lire la suite

芸術の秋・南仏イエールで文化遺産に触れる。

Lire la suite

南フランス 葡萄の収穫始まる

Lire la suite

Casino des Palmiers 南フランスイエールのカジノ

Casino des Palmiers 南フランス イエール の カジノ 。夜の散歩 は 昼と違う雰囲気が見れます。カジノには 4星ホテル もあります 。

 

【アクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半。

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

南仏イエール8月30日木曜日の夜22時30分から港東側で打ち上げ花火が上がります。 

南仏イエール 8月30日木曜日の夜22時30分から港東側で打ち上げ花火が上がります。 

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://sncf.com/fr

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

 

8月28日(火)はイエール旧市街でナイトマーケット

Lire la suite

プロヴァンスカラーの家・南仏イエール

南フランス イエール # 旧市街 を日が沈んでから散歩 しました。水色の ドア と 黄色い壁 、さりげない花や飾りの古い道具など。この 南仏の家 はすごくセンスがよく素敵です。

【南仏イエールまでのアクセス】パリから飛行機で1時間20分、電車で4時間半の所要時間です。

最寄り駅はイエール駅(HYERES)

フランス国有鉄道のチケット予約サイト https://sncf.com/fr

最寄り空港はトウーロン・イエール空港

(TOULON-HYERES AIRPORT)

エールフランス航空サイトで航空券を日本語で予約できます。https://www.airfrance.co.jp/

南仏イエール公式サイト http://www.bonjourhyeres.com/

twitter https://twitter.com/hyeres83400

Facebook https://www.facebook.com/bonjourhyeres ;

アメブロ https://ameblo.jp/bonjour-hyeres

イエールの地図など観光資料は下記からダウンロード出来ます。

https://www.hyeres-tourisme.com/guide-pratique/brochures/

南フランス、イエールのモダニズム建築ヴィラノアイユでピカソの作品を見よう

Lire la suite

学研のえほんやさん【わんたくん】がイエール旅行

Lire la suite